タイプ別にみるシミの種類

顔のシミには種類があることをご存知ですか?

一言で顔のシミと言っても、原因も違えば種類も違います。
ここでは、シミの種類をタイプ別に見ていきますので、ご自分のシミがどのタイプなのかを見極めていただき、改善や治療に役立ててください。


左右対称に目の周りを避けて生じるのが「肝斑」です。
30~40歳代に多くみられ、妊娠や傾向避妊薬などによって誘発されたり悪化することがあり、女性ホルモンが深く関わっているシミです。

シミの中でも最も治りにくいとされ、紫外線対策や美白ケアなどあらゆる努力をしても一向に改善されないどころか、広がっていると感じる場合は「肝斑」である可能性が高いです。

「肝斑」ができやすい場所は、紫外線が多く当たる前額、頬骨部、上口唇、下顎です。
境界明瞭な褐色の色素斑です。


次に「老人性色素斑」ですが、「日光黒子」とも言われ、若い頃浴びた紫外線が原因でできるシミです。
多くは、40代以降にでるこい褐色のシミで、頬骨など紫外線の当たりやすい部分にできやすく、顔だけなく全身にでます。


炎症性色素沈着」は、かぶれやニキビなど皮膚に炎症を起こした後に出来るシミで、紫外線に当たるとさらに悪化してしまいます。
ターンオーバーによって自然に消えていくことがほとんどですが、加齢や体調不良によって新陳代謝が衰えていると、治りにくいこともあります。


脂漏性角化症」は、高齢の人に多く見られる少し盛り上がった茶色や黒色のできものです。
シミとは違いますが、シミの中に混在してできている場合もあり、シミの中には、脂漏性角化症になるものもあります。
見た目が様々なので、シミなのか脂漏性角化症なのか、あるいは悪性腫瘍なのか判断に迷うこともあるので、気になる場合には専門医を受診してみてください。


顔に出来るシミは、体外からの影響だけでなく、体内の影響も受けるので、心身ともに健康でいることが、一番大切です。

自分の顔のシミがどのタイプなのかを知ると、適切な治療ができますので、まずは自分のシミタイプを知ることから始めましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

顔のシミのメカニズムとは?
顔のシミを撃退するためには、まずシミのメカニズムを知っておく必要があります。 顔......
顔のシミができる原因とは?
突然できた顔のシミにびっくりし、ショックを受けた経験をした人も少なくないのではな......
顔のシミとストレスの関係
顔のシミとストレスが関係があることを知っていましたか? ストレスは、様々な病気の......
顔のシミにタバコは厳禁!
顔のシミとタバコは深い関係があることをご存知ですか? 私が小さい頃は、タバコと言......
顔のシミができやすい肌タイプとは?
顔にシミがない人を見て羨ましいと思ったことはありませんか? 顔にシミがない人は、......
シミのない美肌の近道~老化度チェック~
女性なら誰しもが、シミのない美肌に憧れますよね? 人間なら絶対訪れる老化・・・わ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

顔のシミを撃退!~あなたにぴったりの方法を教えます~:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://danielgodolphin.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。